« 敏感と鈍感 | トップページ | 賑やかなアジリティー教室 »

2010年1月15日 (金)

教え直し

今年初のドッグダンスレッスンに行きましたnotes

(写真はプライベートレッスンなので教室で撮ることが出来ず、

家に帰ってから練習している写真です)

今年はトリックの数を少し増やしていこうということになり、

早速教えてもらったのが、お手お変わりですcoldsweats01

お手お変わりと言っても、ドッグダンスで使うお手お変わりは

ちょっと違いますflair

右と左を指示通りに出せるようになると、こんな感じで使えます

1

可愛らしいトリックで一見簡単そうですが、犬に言葉の指示で

右と左を区別させるのは、とても大変な事だと思いますdespair

まずは指示の言葉を変えて教え直しですrock

左足を1、右足を2と名付けて、手の上にたまたま

右を出したら「2」、左を出したら「1」と言います

Imgp0910

動きのあるトリックと違い、動きのない地味~な練習なので、

イマイチやる気のないピノンですgawk

でもひたすら続けます

まあ・・・こんなもんですsmile

ライアンは寝ているところを起こして練習したので、まるっきり

やる気ありませんgawk

完全に「もぉやめよう」って言ってますねcoldsweats01

まだまだ左右の区別もできてないようですthink

Photo

いつでもどこでも練習できるので、地道に根気よく教えるしか

ありませんconfident

ライアンもピノンもあまりにやる気ないので、適当なところで

切り上げて、お次はアップ(腕に前足をかける)の練習です

これは曲の最初や最後に決めポーズとして使えそうですflair

家では正面でアップするよう教えていたのですが、これだと

客席に犬がお尻を向ける形になるので、犬が正面を

向くようにとアドバイスを受けましたwink

Photo_2

たしかに犬の顔が見えませんねeye

これは簡単なので、教え直してすぐにできるようになりましたscissors

Photo_3

ピノン、カメラ目線ですhappy01

この他に、ライアンはバックアラウンド(私の周りをバックしながら

回る)、ピノンはヒールワーク中のアラウンド(私の周りを回る)の

練習をしました

目が回ってきたので、そろそろ終わりにしますtyphoon

« 敏感と鈍感 | トップページ | 賑やかなアジリティー教室 »

ドッグダンス」カテゴリの記事