« いちご狩りと海浜公園 | トップページ | 引越ししました »

2009年3月19日 (木)

教え方の違い

ライアンとピノンとドッグダンス教室ですnotes

この日のライアンのレッスンは、ヒールワークの強化と、

新しいトリックを教えてもらいましたscissors

ヒールワークの強化は、曲に合わせてゆっくり歩いたり、

ステップしたり、早く歩いたり、回ってみたりと、

どんなテンポでも確実に脇について歩く練習です

しかし、このただついて歩くだけのテンポの違う動きに

イライラしたライアン・・・

曲が終った途端、「ワォ~~ン、オ~~、オ~~ン」と

文句タラタラでした┐(´д`)┌ヤレヤレ

トリックは比較的覚えがよく楽しく練習するのですが、

嫌なことやらされると途端にテンションが下がり、

文句言うなんてほんとに分かりやすいライアンですsmile

教室では個人レッスンなので写真も動画もないのですが、

今家で練習している、離れた位置からバックして私の股の間を

くぐるトリックができるようになってきたので動画を撮ってみました

失敗ですbearing

離れた所からバックしてくるので、ちょっとでも曲がってしまうと

股をくぐることができません

大成功ですgood

横から見るとエビみたいですよsmile

ピノンは服従訓練をみてもらいましたnotes

ピノンは教室にくると興奮して、ライアンのレッスン中は

ずーっと吠えっぱなしですbearing

ピノンの番になると、大喜びで興奮が冷めず、

付いて歩くのでさえピョンピョン跳ねてしまってまともに歩けません

先生にも「これでは試験は無理だよ~」と言われてしまいましたcoldsweats02

ピノンは興奮し易いタイプで、おやつがもらえると思うと

余計興奮してしまうようです

そこで手におやつを持っていないことをわからせて、

できたらその都度おやつを取り出してあげたり、

ゆっくり歩いたり止まったりして脚側を意識させたりしてみると、

次第に落ち着いて脚側できるようになりました(*´Д`*)

先生も「ピノンやればできるじゃ~ん」と言ってくれました

同じことを教えるのにも、その仔の性格にあった

教え方をしないと、思うように進まないようですthink

ライアンはテンションを上げながら、

ピノンはテンションを下げながらです

ピノンも基本の訓練をしながら、徐々にトリックも

教えていきたいと思いますdelicious

Imgp3676

頭を使ったので疲れきって帰りはぐったりのピノンですsmile

« いちご狩りと海浜公園 | トップページ | 引越ししました »

ドッグダンス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119700/28656560

この記事へのトラックバック一覧です: 教え方の違い:

« いちご狩りと海浜公園 | トップページ | 引越ししました »